Ecru et pousse エクリュ・エ・プゥス

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Ecru et pousse
住所
860-0086
 熊本市打越町40-61
tel/fax 096.288.3321

 11:00~17:00 OPEN
 日曜・水曜・・CLOSE
   (他不定休)



カテゴリ
全体
お店の場所
商品情報
イベント
おしらせ
R&D.M.Co-
Encachette
setsu
minä perhonen
w
sLow
item
joice on the table
Niki.
mature ha.
おむすびパン
Gauze#
クリボテラ
未分類
 
6.01
6.1
石木文展

これまで千葉のご自宅へお邪魔させて頂いた時
お昼ゴハンをいつも用意してくれた文さん。

その料理がとっても美味しくて
おしゃべりしながら手が動き、お料理が完成していく。
その感じが 飾らない文さんそのもので、自家製のお茶や庭先の葉っぱがコースターだったりと、さりげない設えにも感激したのです。
これに似た感覚をお客さまにも感じて頂けたらと
思ったのが この企画のきっかけでした。
e0083986_19294401.jpg
e0083986_19320474.jpg

メニュー
テーマは[丸いご飯]

野菜手毬寿司

季節の野菜とフムスのお団子

高野豆腐と季節の野菜のポテトコロッケ

トマトの宝石箱
(クスクスと香味野菜のマリネを入れて
燻製豆腐のディップが添えられてました)

具沢山お味噌汁
(お出汁を使わないのが吉村流。)
水も使わず数時間かけてお野菜を重ね煮し、
その水分だけ。そこに美味しい水俣のお味噌を投入。
豚汁かな? と思う程 旨味が凝縮されていて皆さん とっても美味しいって びっくり感動されてました。

計5品 全てビーガンにて献立して下さいました。

e0083986_19295312.jpg
文さんの器をイメージし全てお任せ、と
お願いしたのですが、出てきた料理に目がまん丸になりました。

これまでやった事がない、どんなお皿に盛り付けるか、その時その時で変わること。
お客さまが選んだ器に吉村くんが盛り付ける。

同じメニューなのに それぞれ違って見える、不思議な感覚でした。
e0083986_19295840.jpg
どれも初めて食べるものばかりで興味津々。
そして 美味しい!
お客さまも大変喜んでくださいました。
e0083986_19302651.jpg

e0083986_19323353.jpg

e0083986_02053806.jpg
自分が選んだとっておきの器に盛り付けられたお料理を、みんなで囲む時間はいかがだったでしょうか。
e0083986_19331593.jpg
毎日の生活に必要な器が
その中でも、お気に入りのモノ(文さんのモノ)を使う時は、きっと気持ちも穏やかになってるはず。

笑顔になって
幸せな気持ちになったり
温かい気持ちに自然になってる

今日もお仕事頑張ろうって気持ちになる
大げさでなく、そんなパワーにもなる

文さんの器を手に取ったみなさんが そんな気持ちになって下さったなら私たちも嬉しいです。
e0083986_19332066.jpg
この2日間(準備も入れたらもっと)
裏方スタッフとして、朝早くから深夜まで頑張ってくれた皆んな、心からありがとう〜

文さんがずっと楽しそうに笑ってて
美味しい賄いに更に大喜びしてくれたり 純くんの料理と的確なアシスタントのおぐっちゃんなしでは この笑顔はなかったよ。私たちは2人にガッツリ胃袋掴まれてる。

舞ちゃん りえっち、準備の段階から色々な場面でのサポートと大人数のラッピングをやりながらお客さまへの対応と、本当に助かりました。
いつも支えてくれてありがとう。
そして、文さんとの時間を鮮明に思い出す
そのままを記録に残してくれた穴見さん。 文さんに写真を見せたら、思い出して泣きそうって喜んでくれました。 優しくて 温かい写真をいつもありがとう。
みんなが、文さん自身と 文さんの手から生まれるモノが益々大好きになりました。
熊本に来てくれてありがとう。
みんなを笑顔にしてくれてありがとう。
また いつでも待ってます、文さん。


by ecru-2005 | 2018-06-06 03:31
<< お知らせ 6.01〜6.02 >>